個人再生が失敗する原因って何がある?

a0001_017602個人再生とは、借金を大幅に減額をしてもらって3年間、もしくは5年間かけて返済をするという再生の手続きになります。

持ち家なども処分される事がありませんので、自己破産と比べるとメリットは非常に大きな債務整理の一つと言えます。

しかし個人再生にも失敗をする事があります。個人再生が失敗をするとは、どんな事が考えられるのでしょうか?

 再生手続開始の申立てが棄却される
 再生計画案を不認可とされる
 債務者が再生計画を履行できない

このようなケースで個人再生が失敗をする可能性があります。それでは一つずつまとめてみたいと思います。 「個人再生が失敗する原因って何がある?」の続きを読む…