自己破産から5年未満でスマホの機種変更が出来た!スマホ分割払いについて

2018年1月10日、自己破産から4年と11ヶ月の時点でスマホの機種変の分割払いが出来たお話です。

機種変する前は父親にスマホを購入してもらって、携帯代金は自分名義という形を取っていました。

でも3年半以上前に機種だったのもあって、どうしても故障と言うか使えなくなってきていました。

どうしてもスマホの機種変がしたいと思っていたのですが、通常のauを使っていたので7~8万円ほどします。

今はキュアフォンなど3万円ちょっとで購入出来るスマホもあるのですが、ちょっと仕事でも使うのもあって、通常グレードのスマホしか持てない状況だったんですよね。

そこでギャラクシーを購入する事にしたのですが、さすがに8万円ほどを現金で購入するのには躊躇っていました。

と言うのも、先月、嫁さんと娘にキュアフォンを買ってあげたばかりと言う事もあって、出費が続いていたのも大きな理由です。

自己破産から5年は最低でもスマホや携帯の機種変更は出来ない、と言う情報を聞いていたので数ヶ月の間は正直迷っていました。

自己破産から5年以内でも携帯の機種変は可能

これはネットで調べた情報で、自己破産をしてから5年以内でも携帯の分割払いをしている人がいる、と言う事でした。

いろいろ見ていると、自己破産をした時に携帯の分割払いまで債権にしていた場合、これは携帯の分割払いの審査も通らないと。

でも私の場合は、携帯の債権はなかったので今回8万円近い機種変更が出来たようです。

弁護士に聞いたところ、携帯会社の中でもau、DOCOMOは10万円以下の機種の場合は個人信用機関を見ないという事。

ただソフトバンクについてはしっかりとその辺も見るようですので、もし私がソフトバンクでスマホの機種変の分割払いをしていたらダメだったかもしれません。

トヨタディーラーの友人がauを扱っているので、この件について聞いてみたところ、やはり10万円以下の場合は自己破産時に分割払いを債権にしていない状態なら大丈夫と言う事でした。

携帯の機種変中はドキドキがとまらない

こんな情報を知っていても、やはり自己破産から5年近く借金と言う借金からは目を背けていますので、正直ドキドキが止まりませんでした。

仕事も軌道に乗ってきたので現金で購入することも出来るので、最悪分割払いがダメでも大丈夫と言う部分はあったのですが、またあの時のショックを受けそうで。

auショップの店員さんといろいろな手続きをしている間に、気づけば新しいスマホに変わっていたのでつい確認をしてしまいましたね。

無事、機種変は出来たんですか?

って。

自己破産から年月が経っていなくても携帯の分割払いは可能なケースもある

本来なら現金で購入するのが一番良いのでしょうが、今はスマホも高額になっているので簡単には購入できません。

そこで今回私が自己破産から5年弱で携帯電話の機種変分割払いが出来たポイントをまとめておきます。

・自己破産時、携帯の分割払いを債権としてあげていない
・携帯料金の未納などがない
・口座引き落としになっている(コンビニ払いとかはNG)
・auかDOCOMOに限る

こんな部分ですね。

携帯会社の詳細についてはすべて試したわけではないので定かではありませんが、一応こんな事は関係しているようです。

これで私としても借金の履歴が残せる状態にはなったので、これから借金をするつもりもありませんがいざと言う時の為に頑張って分割を払って行きたいと思いました。

ただいつまで経っても自己破産の頃の傷は癒えませんね。

分割、借金、ローンと言うような言葉を聞くとぞっとしてしまいます。

これで何とかスマホを新しくする事が出来ましたので、仕事にも力を入れて取り組んで行きたいと思います。

 

私は自分の辛い体験を元に「お金の悩み」で苦しんでいる方へ、その苦しみを100%解消してもらいたいという思いから、債務整理を体験している私が唯一お勧め出来る無料診断サービスを以下に記載しておきます。

「借金解決診断シミュレーター」はたった5つの質問に回答するだけで、過払い金の有無や債務の改善方法を知ることが出来ますし、優秀な弁護士事務所の紹介も可能な無料サービスです。

もちろん日本全国対応ですし、土日祝日OK、24時間受付OK、名前・住所不要、匿名かつ無料で利用が可能です。シミュレーションの結果、借金を解決できそうな場合は、無料相談で具体的な改善方法を相談すれば良いと思います。

オンライン無料診断

自己破産の手続き中は海外旅行にはいけない

a0015_000004自己破産の手続き中と言うのは、様々な制限がかかってきます。

その中の一つが「勝手に海外旅行へ行ってはいけない」という事です。

厳密に言うと、行ってはいけない!ではなく、裁判所からの許可がないと海外旅行へはいけないという事です。

この理由は、自己破産の手続き中に遠い場所へ行かれてしまうと、裁判所なども手続きで困るから、という理由です。

自己破産をするわけですから、海外旅行へ行っている余裕もないとは思いますが、自己破産をしたぐらいでって言ったらいけないかもしれませんが、海外旅行へ行けなくなるわけではありません。 「自己破産の手続き中は海外旅行にはいけない」の続きを読む…

自己破産をすると郵便物が届かない事がある

a0001_002138自己破産をすると、一定期間郵便物が届かなくなる事があります。これは自己破産の中でも、財産がある場合に行われる「小額管財事件」「管財事件」の時に限ります。

通常の同時廃止の場合には、郵便物が届かなくなる事はありません。

この小額管財事件、管財事件と言うのは、裁判所から管財人という弁護士が選定をされ、あなたの財産の有無や金額、債権者への配当などの調査をします。

この為、郵便物は管財人が付いている間は、管財人の元に転送をされてしまいますので、郵便物は直接届く事がありません。

ただ一旦、管財人の元に転送をされ、中身を調べてからほとんどの管財人がメール便などで送ってくれます。 「自己破産をすると郵便物が届かない事がある」の続きを読む…

自己破産をすると携帯契約、機種変更に影響は出るの?

a0002_010698自己破産をすると携帯電話の契約や機種変更にどんな影響が出てくるのでしょうか?

まず自己破産後の携帯契約については、正直何も問題はありません。今まで通り料金を支払えば携帯電話を利用する事が可能です。

しかし携帯電話の機種変更になると、一括支払いで購入するしかありません。普通、携帯の機種変更は分割で携帯料金と一緒に支払うのが主流となっていますよね。

でもあの携帯電話の機種変更の分割払いはローンを組んでいるのと同じ事になりますので、自己破産をしてしまうとローンの審査に通りません。

私はauショップに友人がいますので、正直なところを聞いてみました。 「自己破産をすると携帯契約、機種変更に影響は出るの?」の続きを読む…

私の自己破産後の生活はどうなっているか?

GS003_L2014年2月28日に自己破産の免責が無事に降りて、復権する事が出来たのですが、その自己破産後の私の生活などをお伝えしてみたいと思います。

たぶんこれから自己破産を考えている方は、自己破産後にはいったいどんな生活が待っているんだろう?と不安に思っている方も多いと思います。

そこで私が自己破産後、どんな生活をしているのか?という事を具体的にお伝えしますので、興味のある方はご覧ください。

まず最初に一言。

自己破産後の生活は、ほぼ問題もなく日々を幸せに過ごしています。 「私の自己破産後の生活はどうなっているか?」の続きを読む…

自己破産の法律事務所を探す!オススメの法律事務所は?

a0001_005756自己破産を依頼する法律事務所を探す場合には、しっかりとあなたの事を考えて対応してくれる法律事務所を探す必要があります。

私もそうでしたが、最初に依頼した法律事務所では大変嫌な思いをしました。適当にあしらわれて結局解任。こんなのは時間とお金のムダでしかありません。

そうは言っても、どこの法律事務所が良いのか?なんていう事も実際に依頼をしてみないとわからないのが現実ですね。 「自己破産の法律事務所を探す!オススメの法律事務所は?」の続きを読む…

自己破産のメリットっていったいなに?

a0002_010581自己破産のメリットについてお伝えしていきたいと思います。ここでは、どちらかと言うと実際に自己破産を体験している私の個人的な意見も多く含まれていますので、どうぞご参考にしてください。

まず自己破産をすると以下のようなメリットがあります。

 借金が0円になる
 取立てなどが無くなる
 借金返済の苦しさが無くなる
 毎日が楽しくなる

一番の自己破産メリットと言えば、もちろん借金が無くなる事ですよね。

それ以上にデメリットももちろんあります。この自己破産のデメリットばかりを考えてしまい、いつまでも借金返済で悩んでいる方も非常に多くなっているのが現実ですね。

自己破産のデメリットについては、「自己破産のデメリット」を参照ください。

ただ自己破産と言うのは、借金返済が出来なくなり、人生を再スタートする為に国が設けてくれている制度になります。

ですから自己破産には大きなメリット「すべての借金が無くなる」という事が認められているのです。 「自己破産のメリットっていったいなに?」の続きを読む…

自己破産者は保険募集人にはなれないって本当?

a0003_001884自己破産をすると、一定の職業に就くことに制限がかけられます。この中に「保険募集人」も含まれます。

保険と言うのは、金融庁管轄のお金を扱う商品ですので、自己破産者のようにお金で失敗をした人には保険募集人として金融商品を販売する事に制限をかけられるわけです。

ただ勘違いをされているのが、自己破産者は永久に保険募集人にはなれない・・・と思われている事が非常に多くなっていますね。

しかしあくまでも破産の免責許可が降りるまでの期間になります。

免責が許可されれば、保険募集人として活動する事はもちろん出来るようになりますし、これから新しく保険募集人資格を取得する事も可能となります。

と、ココまではインターネットで調べれば出てくる回答なのですが・・・ 「自己破産者は保険募集人にはなれないって本当?」の続きを読む…

自己破産をすると引越しが出来なくなるのか?

a0001_015900自己破産をすると、引越しが自由に出来なくなる!と言われる事が多くあります。確かに破産法によって、自己破産者は自由に引越しをする事が出来ないとされています。

しかし裁判所の許可が降りれば引越しをする事は出来るのです。これも破産法で定められてます。

自己破産者が引越しをしても、しっかりと所在地がわかるようにしていれば、裁判所は引越しの許可を出すという事ですね。

同時廃止の場合は何も問題なく引越しをする事が出来ます。同時廃止と言うのは、換金出来る財産がない場合の自己破産のことですので、制限される事はほとんどありません。

また財産がある場合などには管財事件となるのですが、この破産管財事件の場合は、引越しや海外旅行なども自由には出来ません。 「自己破産をすると引越しが出来なくなるのか?」の続きを読む…

自己破産の破産管財人とは?

a0003_001872自己破産の中でも小額管財事件、管財事件になると、破産管財人が選定されて付けられる事になります。

この破産管財人と言うのは、自己破産をされる方の財産を調べる裁判所が選定する弁護士となります。

破産管財人に選任されると、原則として破産申立人(債務者)に属するすべての財産の管理処分権は破産管財人の手に移るため、債権者(消費者金融、クレジット会社など)は、債権届出をするなどして破産手続に参加するほか貸し付けた債権を回収する手立てはありません。

そして財産が少なく、短期間で完了するだろう管財事件を小額管財事件と言うのですが、この場合は自分自身で破産申立をした場合は採用されないため、弁護士を通じて破産申立をする必要が出てきます。 「自己破産の破産管財人とは?」の続きを読む…